各症状について


凝り(こり・コリ)について

主に首こり、肩こり、腰のこりとして重い感じやだるさ、痛みなどの不快感を感じる症状です。
筋肉は筋繊維と呼ばれる繊維状の細胞が束になってできています。

筋肉が動くためにはブドウ糖などの栄養源を必要とするため、血液が新鮮な酸素と栄養を届ける役割をしています。

そして筋肉を動かすとブドウ糖は水や炭酸ガス、疲労物質の乳酸に分解されます。

通常、乳酸は静脈により運ばれ分解されたり、尿などにより体外へ排出されます。

そのことにより、筋肉は柔軟さを保ち正常に働いていますが、血流が悪くなると細胞に新鮮な酸素と栄養源が届きにくくなります。
栄養不足となり、うまく代謝できなくなった筋肉は固くなっていき、内部の毛細血管が圧迫され老廃物が筋肉内部に溜まっていき、周辺の末梢神経を刺激して痛みを起こします。

これが凝りのメカニズムと言われています。
血流の悪化により筋肉が凝り固まった状態ということになります。



肩凝り(かたこり・カタコリ)について

肩が重い、ダルい、痛い、張っている、かたいなど個人によって感じ方には差があります。

ひどい場合は頭痛や吐き気を催すこともあります。

慢性的に肩こりの方や、パソコンをした時だけの肩こり、時々肩こり、年に数回の肩こりというように、その頻度もまちまちです。

厚生労働省の国民生活基礎調査でも日常生活での自覚症状の訴えで、男性は2位、女性では1位になっているほどです。

パソコンやスマートフォンの使用により若い人の肩こりが増えているといわれています。

日本人のほとんどが感じたことのあるこの肩こりの代表的な原因を考えていきたいと思います。


体格によるもの

日本人は欧米人に比べ、頭が大きいのに対して体は小さく筋肉も弱いため、肩周辺の筋肉に負担が掛かり肩こりを起こしやすいといわれます。

腕の重さは片腕で約4Kgあり、さらに頭はボーリングの球と同じ位の約5Kg、合計で約13Kgになります。

頭を傾けると頭の重さは3倍の15Kgになるともいわれます。

骨格があるためそのままの重さとは言えませんが、何もしてなくても肩周辺の筋肉でその位の重さを常に支えていることになります。

そのため自然に肩周辺の筋肉を常に収縮させています。

収縮させることにより筋肉内では、凝りのメカニズムが発生し、肩こりになることが考えられます。

特に女性の方が肩こりが多いのは首が細く、なで肩の人が多く筋肉量も少ないため首や肩にかかる負担が大きくなっていることが考えられます。


冷え性によるもの

男性に比べて筋肉量が少ない女性は、筋ポンプ作用が滞りやすいため血行が悪くなり肩こりを起こしやすくなります。

筋ポンプ作用とは、筋肉がポンプのように収縮運動をすることで血液を手足から心臓に戻すメカニズムのことです。

筋肉の機能が低下し筋ポンプ作用がうまく働かないと血行が悪くなり冷えを引き起こします。


姿勢によるもの

日本人は、畳の上やカーペットの上であぐらをかいたり横座りをする生活習慣があります。

あぐらをかいたり横座りをする場合は、背筋を伸ばして座るよりも、重心のバランスをとるために頭を前して猫背にしたほうがリラックスできます。

猫背になると頭が前に出るようになり、首から肩にかけての筋肉にかなりの負担がかかるようになります。

このことが肩こりを誘発させていると考えられます。

さらに、猫背のままパソコン作業、デスクワーク、読書や手仕事などを行うことにより両肩を少し前にすぼめる姿勢にもなりやすく、肩周辺の筋肉への負担が増加されます。

こうした姿勢を長時間続けていると、首から肩の筋肉に緊張性の疲労が生じ、血行が悪くなり肩こりを起こします。

筋肉の弛緩や緊張の調整を行い整体することにより改善される部分が大きいと思われます。


眼精疲労によるもの

細かい文字などを見続けると、眼やその周囲の筋肉が緊張し、それと同時に首や肩も緊張します。

また、パソコン作業中は集中する余り、瞬きの回数がが減りドライアイになりやすくなります。

長時間のパソコン作業により焦点を調整する筋肉が酷使され、その機能が低下することもあります。

すると、目からの不快感から肩こりを起こす筋肉が緊張するように作用し、肩こりを生じるケースがあることが分かってきています。


緊張、ストレスによるもの

ストレスを感じた場合は交感神経が優位になり全身の筋肉が緊張します。

その時に肩こりの原因となる筋肉も緊張し、更に血管自体を収縮させ細くさせてしまうため、筋肉の中では血流障害が起こり筋肉疲労から肩こりを招きます。

一時的なストレスの場合は緩和させやすいですが、連日、精神的な緊張にさらされると肩こりが慢性化する可能性があります。

さらにストレスによる交感神経の優位は、血液にも変化をもたらします。

ストレスが強い状況下では、血液中の水分が血管の外へ流れ出てしまい血液がドロドロになってしまいます。

すると、血管の中で血行が悪くなるため、筋肉に十分に酸素や栄養源を送れなくなる可能性が高まり、肩こりにつながってしまいます。


これらが肩こりの代表的な原因といわれています。

同じ姿勢が続くようであれば休憩を取り、軽く運動をするなどできるだけ筋肉を動かし血行を良くし、気分転換をすることでストレスを軽減させることがとても大切になってきます。



浮腫・浮腫み(ふしゅ・むくみ)について

すねの内側(骨の真上)を指で押し、指の跡がなかなか元に戻らない場合はむくみの可能性があります。

むくみとは血管の中から血液中の水分が外に滲み出した状態で浮腫(ふしゅ)ともいいます。

人間の体の約60%は水分で、その水分を常に一定に保とうと様々な調節機能が働いています。

それが障害されると”むくみ”が起こります。

朝起きると顔がぱんぱん、まぶたが腫れぼったい。

夕方、足がぱんぱん、だるい、重い、痛い、靴が履きにくいなどの症状です。
皮下には毛細血管やリンパ管が張り巡らされていて、細胞、酸素、老廃物などがその間でやりとりされています。

細胞と血液のやりとりがうまくいかず、細胞と細胞の間(間質)を満たしている組織間液(間質液)が一時的に増える状態がむくみの状態です。

足のむくみは、立ち仕事の人に多いと思われがちですが、実はデスクワークの人にもよく見られ、共通していることは同じ姿勢を続けるていることです。

同じ姿勢でいると筋肉を動かさなくなるため血流が悪くなり組織間液の循環も悪くなり、組織間液が滞りやすくなるからです。

足の筋力低下も、むくみが起こりやすくなります。

特に第二の心臓と呼ばれるふくらはぎは血液を心臓に戻すポンプの役割(筋ポンプ作用)をしているため筋力低下により血液をスムーズに心臓に戻せなくなります。

青竹を踏む、足を高くする、ウオーキング、階段を使うなどの適度の運動、足の先を動かす(椅子に座った姿勢で、かかとを上げ下げする又、かかとを床につけ、つま先を上げる運動をする)など血流量を増すことが大切です。

むくみは、疲れがたまった時や睡眠不足の時にも心臓の働きが低下するため、血流が悪くなり起こりやすくなります。

血流だけでなく生活習慣も非常に大事です。

アルコールや塩分の摂りすぎもむくみの原因になります。

むくみが女性に多いのは筋肉量やホルモンバランスが関係してしています。

自律神経もむくみの原因になるため、男女共にリラクゼーションでき、よく眠れる環境を作ることも大切です。



腰痛について

腰が重い、痛いなど、腰痛で悩んでいる方は非常に多く日本人の8割以上が生涯において腰痛を経験するといわれています。

原因としては椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離症やすべり症、細菌感染や癌、臓器や血管などの病気など様々あります。

原因が特定できない腰痛は8割以上あり、腰周辺の筋肉がこり固まっていたり長時間同じ姿勢による筋肉の緊張、急な動作による筋肉損傷、 加齢などによる骨の変形などの他、生活習慣が考えられます。

日常生活でストレスや不安を感じ続けると自律神経のバランスが崩れ血流が滞ったり筋肉の緊張を招き、腰痛が起こりやすくなるため心の状態が影響していることも考えられます。ストレッチなどをおこない筋肉の弛緩や緊張のバランスを調整し整体することも大切です。

仕事と遊びのメリハリをつけ血流を促す適度な運動を生活にプラスするなど、体を動かすことで自律神経のバランスも整います。

反面、少量なストレスは体に良いと言われていますので適度なストレスで緊張感が生じることでも体のバランスが整い元気な体を保つことが出来ます。
何よりも心にも身体(筋肉)にもストレスバランスを上手くとることが大切です。

猫背について

猫背はほとんどの場合、普段の癖が積み重なってなる場合が多いと考えられます。
子供の場合は親と骨格が似ているため普段の姿勢も似てくる傾向にあります。
また親の真似をする場合も多く、親の姿勢が悪いと子供も自然に悪い姿勢になりがちです。
猫背の姿勢は頭が前に出るため首に相当な負荷がかかり首こり肩こりの原因になります。
猫背はとても楽な姿勢ですが見た目は良くありません。
普段、ちょっとだけ意識しながら生活することで美しい姿勢を手に入れ猫背も肩こりも改善されることでしょう。





ご予約・お問い合わせ


084‐925‐3450

※ヘッドマッサージの施術中は電話に出られない場合がございます。

アクセス

東福山駅より車で1分

福山メモリアルパーク向かい

〒721-0974
広島県 福山市 東深津町 3-17-10ボルサビル1F

人気メニュー


ボディ60分

頭痛、首こり、肩こり、全身がお疲れの方に最適。頭から足先まで全身を丁寧にほぐしていきます



ヘッド20分

眼精疲労、頭痛やイライラなど。頭ほぐしを丁寧に行い自律神経を整えてリラックス♪



セット70分

体をほぐことで脳疲労にも効果的にアプローチしていきます

こんな症状の方は...

セラピスト募集

マッサージファンにも

評判の

「ほぐし処 りらくす」

落ち着いた清潔な空間で癒しのひとときをお過ごしください。

静かな音楽と丁寧な施術で疲れやこりだけでなく心もほぐれます。

初めてのお客様は口コミをご参考にして頂くと雰囲気が伝わると思います。

皆さまのお越しをスタッフ一同、こころよりお待ちしております。


リンク




Page Top
Page Top
login